読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠〜出産〜産後〜育児の記録

2015年5月に妊娠発覚、途中まで都内の病院に通い、地方の田舎に里帰りして出産。妊娠中のこと、病院のこと、里帰りのこと、育児のこと、思ったことを記録していきます。

妊娠31週〜33週目 2015.11.21〜12.5 逆子チェック

妊娠31週 0日 11月18日に、1週間逆子体操をやってきたけど結果は虚しく治っておらず、痛〜いお灸治療を開始。


妊娠31週目3日 11月21日
逆子が治ったかどうかチェックしてもらいました。


結果は…
治っていませんでした。

が、お灸してもらったときに
赤ちゃんが"ぐるっ"と回った感覚は正しかったようで、左から右に身体が移動していました。(回った感覚も上下ではなく、左⇨右でした。惜しい!)

治っていなかったけれども、
動いたことに変わりは無かったので
効果はあるんだ!と思い、
お灸治療を続けることに。
この日もお灸治療をしてもらいました。

が、動いた感覚は無し。

妊娠32週目0日 11月25日
○妊娠32週0日  定期健診

子宮底長 32センチ

腹囲 85センチ

体重 51.8キロ

血圧 100/58

浮腫 ± 尿蛋白 − 尿糖 −


赤ちゃんの成長は順調でした。
逆子が治っていませんでしたが、
夕方に行ったためにこの日はお灸治療が出来ないと言われ、翌日行くことに。
(夕方はお灸治療できないなんて言われてなかった…)

妊娠32週目1日 11月26日
逆子が治っていなかったので、
3回目のお灸治療。

が、この日も回った感覚は無し。

その後、
妊娠32週目3日 11月28日、
妊娠32週目6日 12月1日、
妊娠33週目1日 12月3日、
妊娠33週目3日 12月5日、
と、2〜3日置きに逆子チェック⇨お灸治療を行いました。
が、やはり回っておらず、
治りませんでした。
7回目の12月5日に、10回目を目処にお灸治療はやめましょうと言われてしまいました。

実はお灸治療で治る方は
数回で治るそうです。
3回目とかが多いそう。

確かに、初回の方が
赤ちゃんは小さいし、
お腹の中で回る余裕がありますよね。

そういうことで、"帝王切開での出産"が現実味を増してきました。