読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠〜出産〜産後〜育児の記録

2015年5月に妊娠発覚、途中まで都内の病院に通い、地方の田舎に里帰りして出産。妊娠中のこと、病院のこと、里帰りのこと、育児のこと、思ったことを記録していきます。

妊娠5〜7週目 2015.5.20〜6.9 妊娠確定

妊娠5週目の5月22日に病院へ。

妊娠が確認できました。

前回の病院の時からその時までつけた基礎体温表を見て、「あ〜来た時からもう妊娠してたんだね〜」と先生がおっしゃっていました。

この病院、T病院とします。

ここで受診し続けたことをとても後悔しています。

前職場でここの病院は東京でもかなり評判が良いと聞き、また、芸能人の方もここで出産されていた(テレビを見て自分が行ったコトのあるところだったのでビックリしました)ので、ここなら安全だ、大丈夫だ、と強く思い込んでしまったんです。

この思い込みが間違いでした。

その後悔もあり、二度と過ちをおかさないようブログに書き記します。


まず、不妊症検査の途中でしたが、

電話でしっかり不妊症検査の途中で次回は生理が始まったら連絡をして予約の予定だったけれど生理は来ず、逆に検査薬で陽性の反応が出たので妊娠しているか見て欲しい、と伝えました。


しかし、予約した当日病院へ行くと、受付の方、先生、ともに、第一声が「生理が来ましたか?」でした。

受付の方は百歩譲って仕方ありません。電話で伝えたから、忘れられたのかな?と思いました。

でも、受付を済ませて先生のところに受診する際にもまだ妊娠していることが伝わっていないのはおかしいです。


それでも、私は不妊症の検査の途中で妊娠ってきっとイレギュラーだし、今日は仕方ないよね、と思って深く考えませんでした。


そして2週間後の妊娠7週、

6月5日に定期健診。


なんとこの時にも

「生理は来ましたか?」と聞かれました。

前回妊娠が確認できたのに。

おかしいです。


そして悔しい。

何故こんな病院を受診してし続けたのか、

と、自分自身に腹が立ちます。



6月5日の健診では心臓が動くのを、確認できました。

そして、この時に初めて母子手帳を受け取って次回持ってきてください、と言われました。


実はこの健診、とても緊張していました。

「7週目の壁」とネットでは言われているようで、初期に流産するとしたらこの頃だそう。

7週目を越えると、流産の確率はぐっと低くなると聞いて、心臓の動きを確認出来てとてもホッとしました。


○体調

7週目あたりからツワリが始まり、何となくニオイのキツイものが食べられなくなりました。

そのため、時期的に少し早いですが、そうめんを食べていました。(年中買えるのは嬉しいですね)

また、胸のハリというよりブラによる締め付けがかなり苦しく、それによって気分が悪くなっているのでは?という思いから、ブラトップを購入。

とっっても楽になりました。

ブラトップは通常よりワンサイズ大きめを買うのが良いようです。


また、トイレがこの頃から最後までずっと近かったです。1時間ごととか、ひどい時は30分くらいで尿意があります。

が、行ってみると全然でない。(笑)

あんなに尿意があったのに「これだけ?!」と思うほど。それでも我慢は禁物。

子宮が大きくなることで膀胱が圧迫され、溜められる量が少なくなっているので、妊娠前より少ない量しか出てないし、と後回しにするのはNG。膀胱炎になります。